R4

日本人ムスリムのRaffiのブログ。目黒区在住の樹木医。

私の夢は子どもを持つことでした。

一方、私の夢は子どもを持つことでした。

そのとき、1度目の結婚が終了したばかり、そして子どもはいませんでした。

20年も頑張ったので、この時すでに42才。

f:id:raffi-w-y:20170209010126j:image

ハニーはまだ子どもは持ちたくないといいながら、すぐに稜太を生んでくれました。

f:id:raffi-w-y:20170209010357j:image

そして、間を置かず璃紗も。

f:id:raffi-w-y:20170209010705j:image

すごい怖がりなのに。

 

すごく愛を感じます。

 

f:id:raffi-w-y:20170209011209j:image

 

離れていても、多分、子どもを持ってなかった頃の寂しさほどにはならないでしょう。

 

f:id:raffi-w-y:20170209011939j:image

ほんとはもっと感謝しなきゃいけないんだ、ハニーに。

 

ハニーの夢は外国に行くことでした。

バリ島でラジオDJのハニーと出会ったとき、ハニーの夢は外国に行くことでした。

 

それから、すぐハニーのすでに予定していたバンコク旅行に一緒についていきました。

 

f:id:raffi-w-y:20170209003102j:image

 

そのあと日本に招待しました。

 

f:id:raffi-w-y:20170209003337j:image

 

で、日本が気に入ったみたいで日本に住むことにしました。

 

で、日本行きが急だったため、バリ島のビザ更新のためにとっていたシンガポール行きのチケットが残ってましたから一緒に行きました。

 

日本からは香港に旅行に行きました。

 

f:id:raffi-w-y:20170209004008j:image

 

あと、フランスのパリへも!

 

f:id:raffi-w-y:20170209004217j:image

 

結構、外国へ行きたい夢は叶えてあげたかも知れません。

 

今回ハニーと子どもたちはバリ島に残すことにしましたが、それで良かったような気がします。

 

ハニーのラジオの仕事の復活に期待します。

私は日本で仕事をします。

 

で、ハニーのもう一つの夢を知ってて、家を持つこと。

 

頑張って稼ぎます!!

閉塞感の正体

バリ島ではデパートや、ホテル、レストランの従業員が璃紗と稜太をみると、仕事をほったらかして、あやしたり、抱っこしたりして遊ぶ。

 

子供がたくさんいるインドネシアはこんな感じ。

 

子供が少ない日本はどう?

 

こちらで車の運転してて、道路も穴ぼこだらけだし、交通量も多いし、バイクも多いし、でも日本と決定的に違うのは相手をよく見ていて譲るってことだ。

煽るってこともしない。

 

対向車が車線を超えて追い越しをかけていても、こちらが減速して合わせるのも常識。

 

バイクが3人乗りだったり4人乗りで、後ろのお母さんが赤ちゃんをだっこしてたりすると日本だと散々に言われることだろう。

日本の子どもはチャイルドシートに縛り付けられ景色も見ることができない。

 

 日本はこうあるべきとかいう考えや思いが強く、お互いを監視している感じ。

そういうことが社会全体の閉塞感につながる。

 

前の車を煽ったり、ベビーカーを邪魔にしたりストレスをお互いにかけ続けていく。

 

f:id:raffi-w-y:20170208205736j:image

 

 

美味しいバリ料理

バリ島でバリ料理以外のインドネシア料理のワルンはたくさんありますが、作っているのはだいたい他の島からやってきた人たちで、バリ人はワルンとかやったりすることに熱心ではありません。

 

なので、よく出会うのはバリ島以外の地域の料理になります。

 

バリ人のお宅にお邪魔したときとか、市場でバリ料理に出会えます。

 

例外的にバビグリン(豚の丸焼き)は有名でたくさん出会う機会があります。

 

数少ないレストラン形式でバリ料理を食べられる店がレノンにあります。

 

f:id:raffi-w-y:20170207131350j:image

gula bali

 

f:id:raffi-w-y:20170207131435j:image

f:id:raffi-w-y:20170207131450j:image

f:id:raffi-w-y:20170207131506j:image

f:id:raffi-w-y:20170207131524j:image

f:id:raffi-w-y:20170207131534j:image

f:id:raffi-w-y:20170207131645j:image

バリ料理は日本人の舌に合うと思います。もっと広まれば、もっとバリ島好きが増えるとおもいます。

 

Soto babi(豚のスープ)も美味しい店があります。ムスリムになるまえにハニーに連れて行ってもらいました。

強烈にうまかったのを覚えてます。でも味は忘れました。いまはムスリムなので豚は食べませんから、いらない記憶はなくなるようです。

 

夢が一つ叶いました。

おばあちゃんや、妻の兄弟に面倒を見てもらっていた稜太と璃紗に久しぶりにあったら、2人とも成長していた。

 

ほんの何日間でそんな感覚だったら何ヶ月か離れてたら、どんなに衝撃を受けるだろう。

f:id:raffi-w-y:20170207011035j:image

まぁ、父として、夫として稼ぐのが仕事だからナーバスになってないで頑張ります。

f:id:raffi-w-y:20170207011054j:image

そういえば、稜太と璃紗とビーチで遊ぶ夢が叶いました。

 

 

バリ島の盗っ人

バリ島のホテルに置いておいたハニーのアップルウォッチがジョクジャカルタに2日間いってる間になくなりました。

 

出発するときに貴重品ボックスに入れようとしたけども使えない状態だったのでカバンに入れて机の上に置いていったのです。

 

私はスーツケースに入れてカギをかけるように言ったのですが、ハニーは去年も泊まったホテルなだけに安心してるのか、そうしませんでした。

 

で、帰ってきたらカバンの中から消えていたという訳です。

 

ああ、とっても気に入っていたホテルなのに残念なこと。

 

警察を呼んで、事情を話し、盗難された証明をもらうために先ほど警察署にいきました。

 

そしたら、電話があって見つかったとのこと。

 

ホテルに戻ってみると、なんと、夜中に警備員が荷物をあさって盗んでいったとこのことでした。

 

わさわざ盗むために鍵開けてとは思いませんでした。

 

盗んだ本人にも会いました。警察がCCTVの録画を見たりしてがんばってくれたのです。

 

と、いうことで、アップルウォッチは戻ってきました。

 

ハニーは盗っ人にお金に困っていたんだろうと言って、いくらかあげてました。

 

せっかくいいホテルなのに。

 

 

ボゴールとバリ島

ボゴールは義理の父の故郷です。

なので、私はムスリムです。

 

けっこう栄えているので、意外でした。

バリ島とそんなに変わらないのではないでしょうか?

逆に日本の方が安いものもあるのではないかと思うくらいです。

 

父は20人兄弟がいます。

上から二番目のお兄さんのところに泊めていただきました。

 

デパートみたいなところもありますし、驚くのは物価がそんなに日本と変わりません。逆に日本の方が安いものもあるのではないでしょうか?

 

モスクがたくさんあります。

日本で例えると郵便局ぐらいたくさんです。

 

今まで、インドネシアはバリ島とロンボク島しか知りませんでした。

 

Bubur Ayamがすごく美味しいです。

お粥の鳥のスープをかけたものです。

 

ボゴールとバリ島とは気候が違います。

ボゴールの方が比較的涼しく、雨が多いらしいです。

 

あと、ボゴールは海岸と離れてますから、そこがバリ島と印象が違います。

 

モスクが多いので、住んでもいいぐらいだと思いましたか、ボゴールからバスに乗り、ジャカルタで飛行機に乗ってバリ島に戻って来たとき、空港から出たときにバリ島のム〜っとした湿気の多い空気と香りに包まれたとき、最初にバリ島を訪れ、空港を出た途端にこの空気を感じ、たくさんのバイク、空の凧を見ていっぺんに好きになったことを思い出しました。

f:id:raffi-w-y:20170204142221j:image

(写真はボゴールのマタハリというデパートです

 

 

ムラピ山へ

ジョグジャカルタで飛行機がキャンセルになりバリ島に戻れなくなったので、ムラピ火山に行って来ました。

 

ジープに乗ってまわります。

私たちの選んだコースは1時間から1時間半でRp350.000

 

2006年と2010年に噴火したのだそう。

 

その被害の跡とか見学しました。

f:id:raffi-w-y:20170204104529j:image

f:id:raffi-w-y:20170204104610j:image

 

結構、被害の跡の緑が復活しています。

ずっと昔から、噴火して被害がでて、また、緑が回復してというのを繰り返してきたんですね。これも自然のサイクルと考えられます。

 

f:id:raffi-w-y:20170204104820j:image

 

f:id:raffi-w-y:20170204105416j:image

ハニーによるとインドネシアのドラマや映画では有名なロケ地なんだそうです。

 

インドネシア語は簡単

インドネシア語は簡単

 

私は英語は苦手です。

それは書いた通りの読み方をしないからです。

一方、インドネシア語はローマ字を読むように読めます。

ローマ字読みでいいと言うわけではなくローマ字を読むように簡単て意味で、うちの妻は銀だこGINDACOをギンダチョって読みます(笑)

cはチャ、チュ、チョといった音になります。

 

ただeの発音がふた通りありますから、それは覚えないといけません。

 

読みやすいというだけで、勉強が、覚えることがはかどります。

 

それと、今でもお世話になっている尾崎辞書。

iPhoneに入れて使ってます。アプリはEBPocket

データは尾崎さんから買います。

 

読みと発音の関係が分かりやすいため、簡単に調べることができます。

 

あとはiPhone片手にどんどん実践に励むのみ(笑)

 

結局、言葉って誰かの言った言葉を真似するところでしか覚えられません。

 

でも、たまに自分なりにこう言うのではないかなと勝手に作った言葉を使ってもインドネシアはよく当たります(笑)

 

f:id:raffi-w-y:20170203012351j:image

(写真は今日泊まってるホテルのプールサイドでポーズをとってる奥さん)

璃紗と稜太にとってバリ島の方が東京と比べて恵まれてると思うこと

璃紗と稜太にとってバリ島の方が東京と比べて恵まれてると思うこと

 

f:id:raffi-w-y:20170202230902j:image

 

○璃紗のピアスをつけたままでいい。

璃紗はピアスをしています。金の。

インドネシアでは赤ちゃんのときから女の子は耳にピアスをします。

目黒区の保育園に一時入園の手続きをしに行ったとき入園時にはずさなきゃいけないと注意されました。私は日本人なのでそういう習慣は分かります。

でも、小さいことですが、意外と大きな違いにつながる出来事だと思うのです。

 

ムスリムとして、イスラムを勉強する機会がたくさんある。

私はムスリムになる前から友達の家の敷地をつかって行っている小さい子どもたちがコーランを読む勉強をしている姿を可愛く美しい、微笑ましいことだと見ていました。

小さい頃から人間の深いところを知る機会に恵まれてます。

私は私の子どもたちが、このようにできるような機会を与えられるように望んでなりません。

私の愛する妻の、精神の根本の部分は小さい頃のこの勉強会にあります。その時の先生は私の先生でもあります。ほんの少し話しただけですが大きな影響を受けました。彼女は常に神様のことを忘れません。

 

○気候が温暖。

本当に過ごしやすい気候です。

メリットにしか思えません。日本と比べると不公平とすら思います。恵まれてます。

 

○家族を大切にする。

これは宗教からくるのか、国民性なのか家族の結束が固いです。

そして、両親を敬います。

イスラムでは子供の行いもその両親が天国に入れるかに影響します。

ちなみに小さいときに亡くなった子どもは無条件で天国に入れます。

 

インドネシア語では年上の人に対しては、お父さん、お母さんと呼んで敬語として使います。

 

この世に生まれてきてくれて、私をお父さんにしてくれた璃紗と稜太を与えてくれた神様に感謝してます、